子猫の親代わりは卒業するみたいです

何だか 最近のノンちゃんとユズちゃんなんですが
あんなにユズを構っていたのに
不思議なくらい とんとお見限りの様子なんですよ


ユズは相変わらず一緒に遊びたくてうずうずしてるのですが
全然挑発に乗らないノンちゃんです

今日も尻尾であしらってるクールな兄ちゃん


確かに4歳になって落ち着きが出てきて
急に大人になっちゃったね

しかし…
ノンちゃんがユズの面倒を見てくれないと
飼い主としては困るのです


何しろ、まだまだやんちゃな子猫ですから
かまってちゃんでとってもウザイ

パワーがあり過ぎて 飼主もそうそう相手をしてられないの


ユズちゃん、
あんたが大きくなってきたからノン兄ちゃんはもう親代わりは卒業なんだってさ

そういえば、ユズの体もだいぶ大きくなりました

そうか・・・ ノンちゃんはミニサイズ好みなのかもなぁ…

Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

コメント

  1. さくらこ より:

    可愛いですね。私は以前猫のレスキューのボランティアをやっていて多いときには10匹以上が我が家に住んでいました。いまはもうやっていませんが50匹くらいの猫ちゃんたちの新しいお家をみつけてみんな幸せに暮らしているようです。最後に知恵遅れの巨大猫ダコタを含む4匹を引き取って育てていました。ダコタは何も自分でできないので普段はベイビーベッドにおしっこシートしいて寝かせて朝夕の投薬、お漏らしをするので入浴それに特別食、赤ちゃんのストローラーにダイパーつけて座らせてお散歩させてと手のかかる子でしたが、2015年の12月に亡くなり、現在は3匹との生活です。ダコタは何もできないのに自分でするって言って?お皿ひっくり返したり水浸しになったりでもとても楽しい思い出です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。